○白石町学校給食センター設置条例施行規則

平成17年1月1日

教育委員会規則第15号

(趣旨)

第1条 この規則は、白石町学校給食センター設置条例(平成17年白石町条例第80号。以下「条例」という。)第6条の規定に基づき、給食センター等の管理運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(職員)

第2条 条例第2条に定める給食センター等のうち、白石町学校給食共同調理場(以下「学校給食センター」という。)に、所長、事務職員、栄養士、調理員及び運転手を置き、その他の小学校及び中学校給食調理場に、栄養士及び調理員を置く。

(職務)

第3条 所長は、学校給食に係る事務を掌理し、所属職員を指揮監督する。

2 事務職員は、金銭出納に関する事務及びその他の事務に従事する。

3 栄養士は、献立の作成その他栄養に関する業務に従事する。

4 調理員は、調理に従事する。

5 運転手は、運搬車の運転及び事務並びに調理の補佐に従事する。

(運営委員会の委員)

第4条 条例第5条の規定により設置する学校給食運営委員会(以下「運営委員会」という。)の委員は、30人以内で、次に掲げる者のうちから白石町教育委員会(以下「教育委員会」という。)が委嘱する。

(1) 学校長

(2) 学校PTA会長

(3) 学校栄養士

(4) 前各号に掲げるもののほか、学校給食の運営に必要と認める者

(任期)

第5条 委員の任期は、1年とする。ただし、補欠の委員の任期は、前任者の残任期間とする。

2 委員は、再任されることができる。

(会長及び副会長)

第6条 運営委員会に会長及び副会長各1人を置く。

2 会長は、会務を総理し、議長となる。

3 副会長は、会長を補佐し、会長に事故があるときは、その職務を代行する。

(所管事項)

第7条 運営委員会は、教育委員会の諮問により次に掲げる事項を審議する。

(1) 学校給食法(昭和29年法律第160号)第2条に定める学校給食の目標達成に関する事項

(2) 学校給食の企画運営に関する事項

(3) 給食費の予算及び徴収に関する事項

(4) 給食物資の購入に関する事項

(5) 関係団体との連絡調整に関する事項

(6) 前各号に掲げるもののほか、学校給食に関し必要な事項

(会議)

第8条 運営委員会の会議は、会長が招集し、その議長となる。

2 会議は、学期ごとに開く。

3 運営委員会は、委員定数の過半数の出席により開き、議事は出席委員の賛成によって決する。

(報告)

第9条 学校給食センターの所長は、会計及び学校給食センター等の業務運営状況を年3回以上運営委員会に報告しなければならない。

(庶務)

第10条 運営委員会の庶務は、給食センターの職員が行う。

(その他)

第11条 この規則に定めるもののほか、学校給食の運営に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

この規則は、平成17年1月1日から施行する。

附 則(平成20年7月25日教委規則第6号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成28年12月1日教委規則第4号)

この規則は、公布の日から施行する。

白石町学校給食センター設置条例施行規則

平成17年1月1日 教育委員会規則第15号

(平成28年12月1日施行)

体系情報
第7編 育/第2章 学校教育
沿革情報
平成17年1月1日 教育委員会規則第15号
平成20年7月25日 教育委員会規則第6号
平成28年12月1日 教育委員会規則第4号