○白石町水道課事務分掌規程

平成17年1月1日

企業管理規程第1号

(趣旨)

第1条 この規程は、白石町水道事業の設置等に関する条例(平成17年白石町条例第148号)第3条第2項に定める水道課(以下「課」という。)における組織及び分掌事務を定めるものとする。

(組織)

第2条 課に次の係を置く。

庶務係

業務係

(分掌事務)

第3条 係の分掌事務は、次のとおりとする。

1 庶務係

(1) 基本計画の策定及び調整に関すること。

(2) 予算の編成及び執行に関すること。

(3) 決算に関すること。

(4) 水道使用量の検針に関すること。

(5) 水道料金、使用料、手数料、分担金及び工事費並びに予納金等諸収入金の調定及び還付に関すること。

(6) 水道施設台帳の整理保管に関すること。

(7) 統計に関すること。

(8) 佐賀西部広域水道企業団及び西佐賀水道企業団に関すること。

(9) 条例、規則、規程その他文書に関すること。

(10) 職員の職階、任免、進退、賞罰、服務、給与その他の勤務条件に関すること。

(11) 職員の安全、保健衛生及び福利厚生に関すること。

(12) 文書の管理及び公印の管守に関すること。

(13) 資産の取得及び処分に関すること。

(14) 水道料金の徴収に関すること。

(15) 出納取扱金融機関及び収納取扱金融機関に関すること。

2 業務係

(1) 上水道の計画及び管理運営に関すること。

(2) 水道事業の指定給水装置工事事業者に関すること。

(3) 貯蔵品の管理に関すること。

(4) 水道に関する諸工事の設計、契約及び監督に関すること。

(5) 開発事業及び受託工事の設計並びに工事施工に関すること。

(6) 水道工事の受付、設計審査及び使用材料の確認並びに工事の監督及び竣工検査に関すること。

(7) 水道施設の維持管理に関すること。

(8) 水道水の水質に関すること。

(課長の職及び職務)

第4条 課に課長を置く。

2 課長は、所管事務の直接の遂行者として上司を補佐し、業務の合理化及び能率的な遂行に努めなければならない。

3 課長の職務は、おおむね次のとおりとする。

(1) 上司の命を受け、所属職員を指揮監督し、所管事務を遂行すること。

(2) 上司を補佐し、必要があるときは、これを代理すること。

(3) 企業経営の基本方針に基づき、所管業務の実施計画を立案、設定して適切な進行管理を図り、厳正な執行を行うこと。

(4) 上司に必要な報告及び情報提供を行うこと。

(5) 課内の管理業務を処理し、部下職員の服務規律の徹底及び能力開発と士気の高揚に努めること。

(6) 別に定めるところにより、専決等の事務を執行すること。

(係長の職及び職務)

第5条 係に係長を置く。

2 係長は、所管事務の直接の遂行者として事務の正確かつ迅速な処理に当たらなければならない。

3 係長の職務は、おおむね次のとおりとする。

(1) 上司の命を受け、分掌事務の遂行に当たること。

(2) 分掌事務の処理計画を立案し、上司の承認を得て係員に明示するとともに、その計画を遂行すること。

(3) 上司に必要な報告及び情報提供を行うこと。

(4) 業務遂行を通じて部下職員の実務研修に当たるとともに、職員相互間の協調に努めること。

(5) 別に定めるところにより、専決等の事務を執行すること。

(公印の名称)

第6条 公印の名称、寸法及びひな形は、別表のとおりとする。

(公印の保管)

第7条 公印は、課長がこれを管守する。

(公印台帳)

第8条 課長は、公印台帳を備え付けなければならない。

(準用規定)

第9条 文書の取扱いについては、白石町文書規程(平成17年白石町訓令甲第7号)の例による。

2 公印の取扱いについては、この規程に定めるもののほか、白石町公印規程(平成17年白石町訓令甲第8号)の例による。

附 則

この規程は、平成17年1月1日から施行する。

附 則(平成21年12月22日企管規程第1号)

この規程は、平成22年1月1日から施行する。

別表(第6条関係)

(1) ひな形

画像

画像

(2) 寸法

公印の種類

寸法

備考

町長印(水道事業用)

21ミリメートル角

 

企業出納員用印

21ミリメートル角

 

白石町水道課事務分掌規程

平成17年1月1日 企業管理規程第1号

(平成22年1月1日施行)