○白石町土地改良事業助成財源積立金条例

昭和53年3月27日

条例第13号

(設置の目的)

第1条 県営土地改良事業に要する経費のうち、受益者が負担する負担金の軽減を図るため行う助成制度の健全な運営に資するため、白石町土地改良事業助成財源積立金(以下「積立金」という。)を設置する。

(積立て)

第2条 毎年度積立金として積立てる額は、予算で定める額とする。

2 前項の規定により積立てた積立金から生ずる収益は、積立金に繰り入れるものとする。

(管理)

第3条 積立金は、金融機関への預金その他最も確実な方法により保管しなければならない。

2 前項の規定にかかわらず、積立金は一般会計の歳計現金に不足が生じた場合は、一時借入金として使用することができる。

(処分)

第4条 積立金の処分は、受益者負担金の軽減を図るため交付する補助金の財源に充てる場合とする。

(補則)

第5条 この条例の施行に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行し、昭和53年度から適用する。

附 則(平成17年3月30日条例第167号)

この条例は、平成17年4月1日から施行する。

白石町土地改良事業助成財源積立金条例

昭和53年3月27日 条例第13号

(平成17年4月1日施行)

体系情報
第10編 設/第1章
沿革情報
昭和53年3月27日 条例第13号
平成17年3月30日 条例第167号